So-net無料ブログ作成

防災対策は最悪の場合に備えるのが大原則です・・・イエローケーキ

 夏がすぐ終わった?西日本ではあちこちで災害が起きました。
ほんとひどい被害のようです。


以前こういう記事がありました。
■滋賀の嘉田知事、小泉氏らの自然エネ推進会議の賛同人へ
(朝日新聞デジタル - 05月31日 00:11)

京都北部・滋賀北部はすぐ近くに原発があるのに、立地自治体でないということでちゃんとした協定もまだだそうです。
避難計画も不十分みたいです。
読売新聞でも避難計画問題出てましたよ。

きちんとした計画作り実際に地域あげて避難訓練するのが先でしょう。



事故起きた時の処理や対応もあやふやでだそうです。
「風評被害」補償も・・・
充分すぎるのは「風評被害だ」という批判ぐらいでしょうねえ・・・。




仮に再稼働が必要として考えても、まず再稼働ありきはとんでもないです。
避難計画が先です。
原発不安がる専門家による充分なチェック体制確立が先でしょう。






30キロ圏内は避難地域になる可能性があります。
再稼働の前にちゃんとしてね。



記事より
原子力規制委員会の審査はプラント中心であるため、住民の避難対策は おざなり にされてきた。全電源を喪失してメルトダウンが始まるまでわずか7~9時間しかない。この間に30キロ圏内の住民を脱出避難させることが不可能なことは自治体の実験などで実証されている。

以上




記事より
池田長官は「セシウム137が100テラベクレル放出した時のシミュレーションをしている。100万年に1回(起きる)と考えている。原発から5キロ以内は予防的避難。それを超える所は屋内避難。30キロ以内だからと言って一斉に避難するのは危険性が高い」。

 嘉田知事は目を丸くしながら問い返した。「福島の事故は2万テラベクレル放出したんですよ。100テラベクレルということは、今のプラントではそれ以上出ないということですか?」
以上



自民党は野党時代、鼻血の問題を国会で追及。

以下記事より
 福島県選出の森まさこ議員は2012年6月14日、参院復興特別委員会で「子供が鼻血を出した。これは放射能による影響じゃないか、と心配の声が寄せられた」と質問している。山谷えり子議員、熊谷大議員、長谷川岳議員も「事故後の鼻血」について触れている。
以上


原発事故、無償打ち切られる避難者住宅 「次は我が家」http://tanakaryusaku.jp/2014/05/0009337
記事より
原発事故の責任を最小限度しか取ろうとしない国や東電。巨大すぎる相手に住民は泣き寝入りするしかないのだろうか。


 避難者住宅制度の複雑さが、入居者(避難者)をさらに不安にさせる。避難者用住宅には大きく分けて次の3通りがある。

A:災害救助法の適用を受ける応急仮設住宅
B:災害救助法の適用外となる「雇用促進住宅」
C:災害救助法の適用外となる「公営住宅への一時入居」

 「A:応急仮設住宅」の無償供与の期限はこれまで2回延長されたが、来年3月末以降の延長はメドが立っていない。

 「B:雇用促進住宅」と「C:公営住宅」は雇用支援機構と自治体の判断によってマチマチだ。すでに無償供与が打ち切られた所もある。入居者が不安にかられるのも当然だ。
以上



バイト先のお店が経営苦しくなったら?補償は??
バイト失った補償は??
避難所生活支援は充分??
避難所にいない避難者支援は?
健康不安で自主避難した補償は??
補償どころか「おいしんぼ」みたいに「風評被害助長だ!」とたたかれる危険もすくなくないです。





「お店の商品売れないのは健康不安いうからだ」と不安言う人をたたくことでこたえようというのはなしですよ!!!

なんか犯罪被害にあって生活困難になり経済的救済いうとたたくくせに
「犯人殺せ!被害者心情だ!」などというウヨウヨする困った人たちもいますが・・・。




「米国では原子力規制委員会がストップをかけたら、絶対に安全だということを証明しなければ原発を作れません」。
「日本ではそこが真逆なんですね。規制委員会が危ないと判断するなら、逆に証拠を出せと言われる」




低気温のエクスタシーbyはなゆー: 国会動画「長期間に及ぶ低線量被爆の影響に関してはデーターがないのでわからない」 http://alcyone-sapporo.blogspot.com/2014/05/blog-post_5622.html?spref=tw

福島は生涯にわたる長期的研究が必要でしょう。複数グループによる研究が。








 それにしても懲りない人たちですね。責任取れない規模の事故起こしておきながら・・・。
厳罰お好きな某党某世論はこれには責任取れ・刑罰だといわないようで・・・。

電気足りないのは困ります。
高い電気料金も・・・。


でもそのためにとんでもないリスク(確立低いとはいえ)をおい
事故起きた時の補償も、不十分だったり
ゴミ処理不十分で将来世代につけ残すことに・・・。


 再稼働するなら順番をまちがえないでね。
ちゃんと責任取れるようになってからにしてね。

成の人のチェックはもう信じません。(それで事故起きたでしょ!!!!!!!!)
原発の危険性指摘する人たちにチェックしてもらいましょうよ。

電力会社や政府てこの国ではそんなに信用度高いの???
この先とんでもなく長い間信用できるの????


政府批判してたのじゃなかっの?????





「防災対策は最悪の場合に備えるのが大原則です」
この言葉をちゃんと理解してほしいです。













http://tanakaryusaku.jp/


http://tanakaryusaku.jp/2014/05/0009372


http://tanakaryusaku.jp/2014/05/0009409原子力規制庁 原発事故、過小評価のズサンな避難対策




http://pandorafilms.wordpress.com/yellow/ イエローケーキ  ぜひどうぞ。

イエローケーキはウラン鉱石を含有率60パーセントまで高めたウラン精鉱のことだそうです。

精錬の過程で放射能が発生するそうですよ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0