So-net無料ブログ作成

保守するものを間違えないでね  教育編 [社会問題]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪



日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



教育はだれのもの?という議論があるでしょう。
社会のものであると同時に個々の人のものでもあるように思えます。

現代社会において社会生活・職を得るのに教育は欠かせないものになりつつあるように思います。


今の私たちには実感はわかないかもしれませんが
学校に行けない人たちがいます。

一つは戸籍の問題
一つは保守的
一つは貧困
その他もあります。



読売新聞2016年1月24日
35面
「タンザニア さくら女子中学」
記事によると
タンザニア北部のバンガタでさくら女子中学の開校式が行われました。
支援団体やODAが建設費をだしたそうです。
義務教育でない中学の進学率は低く約33%です。
地方では女性の役割は家事という考え方が強く女子の進学率は低いです。


 軍事に頼らないこういう地味な国際貢献て大事だなあと思います。





でこれを保守・右翼思考などでみてみます。
 人権はある意味、「保守派」との戦いと思えます。

 女は家事というのはこの社会における保守派でしょう。
それが社会常識で秩序ととらえているのでしょう。
女性の就学というと「権利主張だ!わがままだ!」とうようよと声がでてきてバッシングをはじめます。
またある人は政策や法で抑え込んだり、法や制度を改めること(この場合女子修学しやすく)に強く抵抗します。


 右翼思考は
もし仮に男性の役割は家事だ!と言い出してそれが国益だ!となった時です。
つまり必ずしも「保守」でなくてもいいわけです。
その後は「保守派」と同じで就学というと「権利主張だ!わがままだ!」とうようよと声がでてきてバッシングをはじめます。


 道徳宗教右翼は
道徳宗教観からきます。ですがその後は「保守派」や右翼思考と同じようなものです。



保守的社会はいわゆる善良な人たちでも存在するでしょう。
道徳宗教はいいものかもしれませんがなんかおかしいです。

共通点は個々の尊重が希薄です。
ほんと怖いです。





入学http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-02


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0