So-net無料ブログ作成

7つの大罪 [学問]

 政治学のお話です。
アメリカの政治学者ツルミさんのお話です。あやふやな記憶ですが、その要旨です。

ガンジーさんが資本主義7つの大罪というのを指摘しました。
哲学なき政治  道徳なきビジネス  労働なき富   人格なき教育  倫理なき快楽   人間性なき科学  犠牲なき宗教  

リーダープロフェッショナル条件
誠実  思いやり  名誉  独立自尊  道徳的勇気 です。

 日露戦争まで日本は国際感覚があったそうです。武士道をキリスト教精神に共通するものがあったそうです。外国に行き文化ギャップはあってもその精神は、通用したそうです。明治の創始者はえらかったんでしょうか。                                                      日露戦争後は教育勅語世代が中心になり、おかしくなっていったようです。1930年代に今の日本はにているそうです。

 前教育基本法は高橋せいいちろうさんがおおきく関わったそうです。彼は福沢諭吉さんに直接教わった最後の人だそうです。小泉さんが上下院合同委員会で演説したいと申し出たそうです。この委員会での演説は大変名誉で、過去にはネールさんとアキノさんが演説しています。

共和党のヘンリーヘイドン外交委員長が小泉さんの演説に反対したそうです。外務省はこの運動にそれなりの予算つかったので、おさまりつかなくて、仕方なくプレスリー写真でワシントンポストのトップ記事に落ち着いたそうです。日本の常識の靖国思想は海外では非常識で、ナチスレベルのようです。
以上こういうお話でした。

 

 アメリカの政治家達と会い話をして、アメリカのメディアの報道を読んで、アメリカでの研究の結果だそうです。海外からこうみられてる事もあるんですねえ。

それよりも興味ひいたのは7つの大罪です。なんか今の日本を見通していたのでしょうか?どんな主義でも問題はあるでしょう。 発想かえればこれらの問題をできるだけ少なく・小さくすればいい社会になっていくような気がします。 そのヒントは異なる制度の社会にあるのかもしれませんね。

 

関連日記

http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-09-2

http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-09-1
会社がだめになる     現代日本政治の分析  道政分離  ゲルニカ   平成コロシアム    
改造内閣     影を語る    集団安心保障   エコ刑務所  社民的な保守 
会社は誰のものなの?    財務省て利権構造だったんですか?
民営化の盲点?    企業も人も日本から逃げ出す「骨太方..    消費税財源で逃げないで!
村上被告の背後にいる巨悪    順調に進んでいる財政再建 
公て?    http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-20-2  
おかね2   http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-09-2  経済学
おかね1   http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-09-1 文学
  


 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

村野瀬玲奈

読みに来ました!

私がこの「七つの大罪」を知ったのは比較的最近のことですけど、本当に今の日本を言い当てているかのようです。

ただ、たとえば政治家や経済人の多くは、この「七つの大罪」を知ったとして、これが日本に当てはまっているとは露ほども考えないのかもしれません。どうしたらこのガンジーの言葉を意識させることができるのでしょう...。
by 村野瀬玲奈 (2012-01-11 23:01) 

ayu15

うちが思ってるのは
「どんな主義でも問題はあるでしょう。 発想かえればこれらの問題をできるだけ少なく・小さくすればいい社会になっていくような気がします。 そのヒントは異なる制度の社会にあるのかもしれませんね。」
です。
そう某知事みたいなことしてちゃだめなんです。


多くの人が取り返せない犠牲になったうえにやっと今があるんでしょうね。



もしかしたら政財界のそういう方は目の前の現実的利益に忙しいのかもしれません。
by ayu15 (2012-01-11 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。