So-net無料ブログ作成

あの空をおぼえている [映画]

竹野内豊さん主演の映画です。共演は水野美紀さんで妻の役です。
 ある日突然の事故で娘が亡くなり苦悩する家族の物語です。竹野内豊さんは父親の役をぜひやりたいと希望したそうです。娘を失った喪失感や苦悩を見事にみせていると言われています。うちは事故の前と後がまるで別人のようにみえました。
辛い現実をこの家族はどうやって乗り越えていくんでしょうか?

 今の生活はいつ壊れるか誰にもわからないでしょう。障がい、事故、事件などさまざまでしょう。
もう元にもどせなくても、一人一人を尊重して社会的障害がなく、支えあえる温もりのある社会にもう少しなってもいいと思いませんか?

以下ネタバレ
もう観た人だけどうぞ。 父親は強いものというイメージと違い、かわいそうなくらい一番ダメになってました。反対に生き残ったもう一人の子が一生懸命なんとかしようと力強く生きていました。

 幸い経済的に困窮はしなかったのがまだ救いかも。苦悩する家族と支援する友人、職場の人、カウンセラー、先生や地域の人がいます。

 最後にこどもが出てきた後「お騒がせしてすみません」というセリフはありませんでした。誰も親の監督責任を口にしませんでした。「勝手に山入って・・・」とこどもを批判する人もいませんでした。
誰もが、この親子を責めるようなことなく、拍手で迎えて笑顔で助かったことを喜んでいました。
温かい町だなあと思いました。このあたたかさが今必要なのかもしれませんね。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ayu15

あいこさんありがとうございます。
なんか温かみのある映画でした。
by ayu15 (2008-05-05 08:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0