So-net無料ブログ作成

君死に給(たまう)ことなかれ [人権]

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28

 ひそかに応援していたペシャワール会の伊藤和也さんが志半ばでなくなられました。ご冥福お祈りします。
今日はこれとは直接関係ない内容です。

 前回「親や祖父母を死なせないで!」と書きましたけど、あなたを思ってくれる大切な親がなにより辛い事てなんでしょう?
それは先に亡くなることでしょう。うちはまだ親じゃないけど、きっと親にとって惨酷なことでしょう。さけられない病気や事故なら運命でしょうけど、暴力・テロや戦争なんてあってはならないはずなのに・・。

 難しい政治の都合なんてうちには理解できません。難しい主義主張なんてうちにはわかりません。うちがわかることは、テロや戦争で御互い殺し合い残された親が絶望するという事です。


 御互い家族を失い、憎しみあいさらに次の悲劇をうんでいくなんて・・・。正義の味方同士殺しあうなんて・・・。
御互い追い詰めあうのでなく、御互い認め合い生きられるようにしていくのはなかなか大変みたいですねえ。

 戦争に参加するのも「正義」かもしれませんけど、戦争に行かないで生き延びて、親より長生きして老後の面倒みるのも「正義」じゃないでしょうか?




nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 4

shira

 親に葬式を出させるのは最大の親不孝でしょう。
 それを国策として強要するのが戦争です。
by shira (2008-08-31 20:43) 

ayu15

国のために死ぬより親のために生き残らなければ。
うちは名誉の戦死より不名誉でも生き延びて欲しいです。

これも「後悔してからでは遅ぃ!」でしょうかねえ。
by ayu15 (2008-09-01 08:40) 

ラン

いったい何を守るために戦争をしているのでしょうね。
身近な人を大切に思う気持ちと同じような気持ちを、なぜ組織化すると持てなくなるのか・・・
そこには悲しい現実しか待ってないですよね。

by ラン (2008-09-03 05:06) 

ayu15

先の戦争とかは、国を守る、家族を守るために戦ったというお話は聞きますよね。

あと自由を得るためにとかもありますよね。

旧ユーゴとか、大切な家族をころされたから「絶対に許せない復讐だ!」というケースはとても多いらしいです。

なんか、ほんと悲しいです。
御互い区別しあい排除しないで、ともに生きれないんでしょうか?
by ayu15 (2008-09-05 08:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。