So-net無料ブログ作成

経済からみるイラク戦争 [経済]

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
 初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1

 なにやら、某芸能人の報道だらけのドサクサ??にソマリア沖派兵が進んだらしいです。(それの賛否ではありません)
なんかちょぃ待って?とも思えなくもないような。イラク戦争参加??の総括充分したのでしょうか?充分な総括が先だと思うんですが・・・。
大々的に明確に公式見解しめしてほしいです
いつも個々を!という視点なので、今回は国益・国全体の利益の視点で個々は省きます。

イラク戦争は嘘で始まった戦争と言われています。テロ(9・11)で激しい怒りと憎しみであふれていたころです。

理由
1  「大量破壊兵器がある。」ありませんでした。
まあ世界最高の集団でも情報分析誤る可能性はあるでしょうけど・・・。

 
2  でないから理由が変わりました。
 「アルカイダと手を組んでいる。」組んでいなかったようです。
 あの~フセイン政権は世俗で宗教右翼とそぐいません。まして原理主義とはねえ・・・。あの地域ではめずらしく女性も社会に出れます。
 一市民ならそう思ってもしょうがないでしょう。でもお金持ちでエリートのブッシュさんがねえ・・・。しかもすごい人材そろえてるんでしょ。 おおばバカですねえ・・・。でも彼はバカでなく優秀なはず。ていうことは・・・騙した?!!
 以前の日記にありましたがアルカイダとひとまとめに言ってましたが、一説では複数の組織でそれぞれ無関係だそうです。


3  その次にまた理由が・・・。
「悪の帝国」
確かにそうかもしれません。でもミサイル??(人工衛星かも?)を日本方向にとばしたり、拉致事件おこしてる某国と比べたら・・・。


 よく「利権構造のために戦争した」と言われています。本当でしょうか?ブッシュ一家は大金持ちで軍事産業会社の役員です。政権に石油・軍事産業が大きく絡んでいます。
『だからどうした?別にこれらの会社の役員していても人に優しい思いやりある政治してくれるならありでしょう』『でもこういう軍事・石油関連の人の占めるが多いのは不安です。』
 一説ではアメリカ政府は財政赤字だしましたが、軍事・石油企業は大もうけしたそうです。
『日本は、儲けましたか?!』
さらにコストダウンのために次は自衛隊と韓国軍ふるに使い戦争するとか。従順な有色人種なので・・・。これは仮説の一つですが・・・。
『まさか?信じたくないです』




 「これらの利益・自己利益のために戦争したのでは?」という疑惑があります。
うちは信じたくないです。評価できるとこもあるでしょうが、イラク戦争という大失敗したひどい政権だけどブッシュさん自身はそんな悪い人と思いたくないです。仮にもアメリカ国民が選んだ人です。そんな自己中?なことするなんて思えないです。でも1~3へと理由変わった?ものに納得いく説明がありません。
利権構造なら説明ついちゃうかも・・・。

 万が一そうなら小泉さんに利権構造壊してもらいましょう[どんっ(衝撃)]




   今回はそのイラク戦争を経済で見てみました。
小さい政府がいいとよく言われます。小さい政府てなんでしょう?財務省の方がいうには数値にでるGDPと財政規模財政支出らしいです。日本は麻生さんになるまで小さい政府だったようです。
『財務省統計にでてます』

 アメリカは「小さい政府」をかかげたブッシュさんですが、実際は逆でブッシュ政権は大きな政府だったそうです。かなりの財政支出をしています。福祉予算は抑制?(削減?)だったので福祉より戦争路線ともいえるかも??

 クリントン政権で財政立て直されて(レーガン政権で双子の赤字ですごいことになった)財政均衡を達成しています。それがまた崩れています。見事な財政赤字をだしたそうです。



 大きな政府にして巨額の財政支出で、財政均衡を崩してまで戦争する価値があったのでしょうか?
報道見る限りアメリカ世論は「ノー(ブッシュ政権路線)」を言う人が多数派のようです。
(以前の日記もどうぞ)


 日本はどうでしょう?イラク戦でも国際貢献しています(批判する人は「アメリカ貢献だ」と言いますが)。
かなりの戦費(貢献費)使っています。利益は?????

 今イラクでは中国人がいっぱいるそうです。彼らはビジネスに行っているそうです。イラクの油田は低コストで良質だそうです。多額の費用負担して人員派遣した日本は感謝されずに見返りないけど、なにもしない中国はおいしいところとっているという見方もあるかも?


 戦争まで日本の評価は高く貴重な親日社会だったそうです。資源の乏しい日本・敗戦国日本にとって親日感情の社会は大切な味方でしょう。
 アメリカを相手に戦った勇気ある民族・原爆2発落とされて占領されながらも復興した国。高い評価受けていたそうです。

 ところが「シッポふってアメリカに加担した!侍日本はどこにいった?!」と大きく失望したとも言われています。もし仮にこれが多数の心情なら大きな損害じゃないでしょうか?

 この説で考えると、アメリカ協力でなくNPOなど非軍事貢献していれば今ごろ中国にまけずに優秀な日本のビジネスマンがイラクでいいお仕事しているでしょう。日本企業も社会も潤うでしょう。現地の人の復興の手助けもできたでしょう。

  
 あくまで???だらけの仮説です。真相はフセインさんとブッシュさんだけが知っているでしょう。
この説が当たっていればアメリカは石油で儲けましたが、日本は多額の出費したのに見返りないばかりか、貴重な親日社会を失うと言う大損したということに・・・?


 イラクで取材されているジャーナリストの方々、コラムニストの方・研究者の方などのお話を集めてのものです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

shira

 損得勘定でイラク戦争を考えるという切り口は好きですね。結局、正義なし利益なしという無惨な結末でしたが。
by shira (2009-06-14 18:49) 

ayu15

恩売ったブッシュ政権は終わり、しかも路線も否定されちゃったので100億以上のお金は無駄どころか大きな損失かも?

戦争せず中村さんのような民間にでしておけば財政にも優しかったのに。
この損失補てんの議論は?
「ちゃんと後片付けしましょうね」「幼稚園でならったでしょ」といいたいような。
by ayu15 (2009-06-14 20:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。