So-net無料ブログ作成

Die Welle  と THE WAVE [映画]


life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 


一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
2012年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21 


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1







このところ作品紹介が続いています。
今回は映画です。普通の市民がいつの間にかとり込まれているのがこういうものの怖さ。





Die Welle 08年独
監督:デニス・ガンゼル
脚本:デニス・ガンゼル、Peter Thorwarth
製作総指揮:クリスチャン・ベッカー
製作:Nina Maag
撮影:トルステン・ブロイアー
原作:モートン・ルー 「ザ・ウェーブ」
出演:ユーゲン・フォーゲル、フレデリック・ラウ、Max Riemelt、ジェニファー・ウルリッヒ
http://www.welle.info/




おまけですがこういうのも。

http://democracynow.jp/content/4698
真相はわかりませんが保守色強い地域ではあり得るかも??
ここまででなくてもそういう空気はえそらごとでなさそうな[あせあせ(飛び散る汗)]
今でも超保守が有色人種に冷たい目線むけているようですし。




エジプトの例です。

軍はいつから国民守るから一部国民をいじめる(ていうかこれは犯罪)ように?

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111221/mds11122109350000-n1.htm

宗教右翼道徳右翼の脅威の声も一部ではあるそうです。
候補者に超保守・原理主義の人がいて
この人たちの宗教観道徳観で人生支配されるのに耐えられない人もいるそうです。

独裁者か宗教右翼・道徳右翼えらぶかという究極の選択する事態だけは絶対避けて欲しいものです。









マルティン・ニーメラー牧師の言葉です。
-------------------------
ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られた
が、自分は共産主義者でなかったので何の行動も起こさなかった。
その次、ナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが自分は社会主義者ではないので何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生・新聞人・ユダヤ人と、順次弾圧の輪を広げていき、そのたびに私の不安は増大した。が、それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。
だから行動に立ち上がった。
が、その時はすべてがあまりにも遅かった。
以上



ここには書いていませんがドイツ政府広報にあります。同性愛者・障がい抱えた人など批判対象です。
あまり使わないほうがいい言葉ですがやはりここまで酷いと虐殺虐待と言っていいでしょう。一方的に存在攻撃しています。








ウェイブ

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%96-%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3-%E3%83%AB%E3%83%BC/dp/4787585916/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1333925986&sr=1-1



http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=10635
理論よりうちならあまりにもかわいそうだからしちゃだめだと思うんですが・・。

THE WAVE
普通の高校生が、規則で縛りだし洗脳されていく過程です、
実際に起きたそうです。
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=10635

http://www.at-e2550.sakura.ne.jp/the-wave/

http://blogos.com/article/37770/
生徒たちは規則を覚えるたびに、つぎの規則を欲してゆき、授業終了のベルがなり終わっても、彼らはその規則を続けようとした。
「規律の他に、共通の目的のためにはたらく共同体に参加しなくてはならない、この運動を『ザ・ウェーブ』とする」
自分たちの自由と交換に、メンバー間の平等と「ザ・ウェーブ」グループに入っていない人に対する優越を得て、差別をし、攻撃をした。
やめようという者はほとんどいなくなり、そうした者は密告され、制裁を受けることになっていった。
以上記事より
あらすじ抜粋



規則・規律叫んで例外を嫌ううようよする声に恐怖を感じます。 ナチスの思考と似ているからです。







友情        http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-21-1
天使の赤紙   http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-08-20
黙って行かせて  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-08-22-7

私を愛して   http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-16演劇紹介
テンペスト   http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-14
空の防人  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-09戦中化の学校
東京 Voice  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-09
自己決定  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-03
ラストフレンズ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-06-10
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

ラン

映画、最近全然みてないです・・・。
映画みると、その世界に引き込まれますよね。
by ラン (2012-04-19 00:32) 

ayu15

この映画は引き込まれると背筋寒くなるようです。
by ayu15 (2012-04-21 12:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0