So-net無料ブログ作成

劇場が危ない?! [文化]

 地デジ完全移行まで残りも少なくなってきました。みんなはどうなんでしょう?
共同アンテナ・低所得世帯などしわ寄せの声もきかれます。どうなるんでしょう?


 近年、契約したのに期間中再値上げ要求された鉄鉱石・レアアースとか様々な問題がでています。もちろんCO2も。

 国も家庭も経済は大変でしょう。支出は抑えたいところです。

 じゃ~なんで地デジ??本来しなくていい支出を伴います。もし過程で選べるなら、家では地デジテレビ購入なんて真っ先に「事業仕訳」の対象です。 従来テレビはそのままで使えなくて貴重な資源使いチューナーを作らなくてはいけません。運搬にもCO2出します。資源思うと今使えるテレビをそのまま使えたほうがよさそうな

 地デジ移行の多額の費用は??仮に政府がだすなら移行しなければ他にもいくらでも予算不足のところがあるので回せます。
 どこかの事業所?なら負担金は製品値上げになったり、賃金抑制・下請けねの条件などに反映されます。どっかの経済団体のえらいさん・役員が負担してくれるわけじゃなさそうです。
 なんで???

読売11月30日に関連記事が出てました。
移行の理由は電波に空きスペース作るためだそうです。

 数々のマイナス面考えてもそのメリットはあると判断したんでしょうね~。
まあ一市民には実感としてはメリットなんて感じられなくて問題しか見えませんが。


 大阪城ホールとかのライブのチケット入手でがんばる人いますよね~。ライブはいいものです。近年人気の高い劇団四季もいい席はすぐ売れてしまいます。これら劇場公演で欠かせないのはマイクです。

  そうこのマイクがえらいことに!
地デジ化で他の周波に移行迫られているそうです。
記事によると「レ・ミゼラブル」上演にはマイク買い換えに1億円程度はかかるそうです。この1億円誰が負担するんですか?入場料に一部のるかも?製作コスト切りつめて質落ちるかも?
以前のマイクは「ごみ」になるかも?
レジ袋運動なんてあほらしく感じるわ。この方が気になります。まだ使えるのに政治の都合でごみですか・・・。
人気の劇団四季だと交換だけで6億円の損失のようです。

 問題はおかねだけではないそうです。劇場は音響工学?とか駆使していい音目指しているようです。どの客席にもいい音届けるためにマイクを使いこなす技術はとても大事のようです。長年築き上げた技術は役に立たなくなるそうです。
  えらいことですよ。
大好きなアーチストのコンサート・大好きな劇団の公演がやばぃかも!!


 移行後のこの周波は携帯会社が希望しているそうです。総務省は移行費用に1000億円かかるとみてこれを携帯会社に負担してもらおうと考えているそうです。

 ん?!一見もっともですが・・・。その1000億は携帯会社はどこから出すの?!機種代金・機種変更・通話料などに転嫁されそうな。どうみても孫さんは私財で払ってくれるなんて考えられないもの。どうころがしてもツケは私たちが負担するのかも。

 地デジ移行にともなう周波数再編は私たちにも影響があるようです。
経済コストではみれない国力である文化力守るには周波数問題も考えなくてはいけないようです。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

ayu15


shiraさん
takemoviesさん
ありがとうございます。

劇場はえらぃことに。
私たちにもなんらかのツケはまわりそうです。

by ayu15 (2010-12-05 20:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0