So-net無料ブログ作成

悪意の不在? バス旅行編 [社会問題]



life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  



一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
2012年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21 


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1





 昨日30日の朝刊のトップはバス事故でした。大事故のようです。犠牲者が出たそうです。
悲しいです。(´;ω;`)
ご冥福お祈りいたします。


まだ捜査も始まったばかりということもありなぜかわからないです。

で以下フィクションです。


舞台はある国

この国はバブル崩壊で財政が悪化し景気もよくないようでした。


21世紀になり「自己責任」「自己努力」を強調し始めました。
財政悪いし企業も収支が悪化したとこ多いので「面倒みれません」という雰囲気のようです。


打開しようと消費者保護・労働者保護から自由にものが売れるように規制緩和始めました。
成果が出たのか好景気となりました。


ただそれを実感できない大勢の人もいます。格差はさらに拡大し餓死者までだしました。でも誰も憲法違反で責任は問われないようです。この国は知事の命令は絶対でも憲法は軽く見ていいようです。


労働環境は悪化し、人々は我慢して無理して働くようになりました。
「競争が正しく競争推進すべき」という声がおおくきつい生存競争が始まりました。
脱落した人には冷たい視線が向います。自殺考えても[迷惑掛からんように勝手に死ね」という声も出てきます。

この国では事故や事件で死なないと同情はされないようです。



規制緩和で
とある人がバス会社を始めました。今までやりたくてもできなかったけどやっと夢が叶いそうと張り切ったんでしょう。


始またのはいいけど、社長は必死です。資金繰りが大変です。 難しい舵取りを迫られます。
営業はお仕事もらうため頭下げ続け朝から遅くまでかけずり回っています。
現場の運転手も長時間労働です。
みんなヘトヘトで他者を気遣う余裕がありません。



競争こそ正しいとされ競争に負けたら終わりです。 負けないようにみんな必死です。足を引っ張るのが許せなくなってきます。しんどくても泣き言は言えません。 我慢が美徳とされています。

リストラで最小限の人数です
社員一人の不具合が会社全体をやばくしかねません。
会社自体余裕が全くないのです。





 ある日得意先の旅行会社が「値段下げてくれ」と言ってきました。
この国は「自由」社会です。
契約の自由があります。
いくらで契約かは当事者同士で決めます。嫌なら契約しなくていいんですから。


社長は「これじゃむちゃだ」と思っても契約しないとお仕事確保できず路頭にまようことになるので泣く泣く契約します。


 
 旅行会社も経営苦しくできるだけコストは下げたいんです。
高い契約するとバス会社は助かりますが今度は旅行会社が大変です。



 「じゃあ値上げ?」
でもお客さんもみんな低賃金長時間労働です。短時間で安くないと旅行に行けなくなってしまうんです。
旅行会社は大変でしょうけどお客さんも大変なんです。





 ある日ヘトヘトでも疲れたというと、ほかの人が雇われ自分はクビになるのが怖い運転手は無理してハンドル握ります。
もう頭はぼ~としてます。


そして大事故起こしてしまいました。

というおはなしです。




 直接の責任は運転手でしょう。
でもその運行管理者は?管理者の指示で動くのです。
労働条件環境は社長でしょう。


じゃあJR西のように事故時社長が責任者でしょうか?

JR事故と同じでないのでなんとも・・。


運転手を追い詰めた?運行管理者
運行管理者が無理な指示だすのは社長の提供する労働環境。
社長が労働環境悪くするのは良い条件で契約取れない。

契約先旅行会社がいい条件で契約してあげれないのは自社の利益あげたいのと、旅行会社自体苦しい。

旅行会社が利益少ないのはお客が減ったり安くないと集まらない要因。
お客があまり利用できないとか安くないと利用できないのは 労働条件悪く余裕がない


このお話にでてくる人は、みんな「自己責任・自己努力」で一生懸命です。疲れていて泣き言言えず我慢しています。ピリピリしています。
脱落しないように必死のようです。


でもその結果つけが乗客にきました。取り返しつかないあってはならないつけです。
JRとはちがいますがことごとく違うとも言えずなにか共通するものも。


自由化規制緩和は今でも生きているようです。 (良い悪い別)
でもその反面「道徳」「社会秩序」「少し前の価値観(多分戦前) 」なんて言い出して規制したり自由を嫌がっているようです。


この国はものすごい自殺者です。人口減・労働力減・消費人口減が言われるのに・・



弱った一人をほかの五人の迷惑になるからと切り捨てる声が出る状態の社会は不健康だと思うんですが・・。

nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 8

Mosel

こんにちは。

今回の事故は、まったくおっしゃるとおりの構造だと私も考えています。
運転手だけが「容疑者」として今後罪を問われることになるのが、非常に腹立たしく、悲しいことと思います。
こんな社会をつくってしまった、新自由主義論者こそが最大の悪でしょうに。
by Mosel (2012-05-02 07:05) 

ayu15

Moselさんコメントありがとうございます。
新自由主義的発想も部分的には有効かも?(東電とか)
でもそこには他者への配慮はなく生存競争におちいると悲劇かと。

でもうちが怖いのはこれで絆が壊れて「社会がバラバラだ!行き過ぎた個人主義だ!」 (こういう論調は研究者でも見かけます)といい道徳右翼化することなんです。
原因となる生存競争批判なしで(~_~;)
by ayu15 (2012-05-02 10:11) 

ayu15

Moselさん
たねさん
xml_xslさん
shiraさん
ナイスありがとうございます。
みなさんが消耗してしまうような社会にこれ以上すすまないこと願っています。
悲劇の連鎖ストップ!幸福の連鎖を!


by ayu15 (2012-05-02 10:14) 

nobu

自動車にあまりにも寛容すぎるんじゃないでしょうか。このところ減ってきているとはいえ毎年4000人以上、毎日平均10人以上人を殺す機械なんて自動車以外ありません。それほど危険な道具を事業で使うというのですから、徹底した安全管理が必要で、それができない会社であれば運営してはいけないと思います。自動車は毎年何千もの人を確実に殺し続けている(後遺症など含めるともっと多くの不幸を作り続けている)機械であることを忘れているドライバーが多いように感じます。
by nobu (2012-05-02 11:08) 

ayu15

nobuさんコメントありがとうございます。なるほどそういうのありそうですね。うち自身自動車には何度か冷汗かかされています。向こうはいいけどこちらは天国いきか後遺障害のこるかという危険高いんですよ。

by ayu15 (2012-05-02 20:10) 

村野瀬玲奈

あゆさんに賛成です。運転手だけに責任を背負わすとしたら、社会や会社の上の方の人々にだけなんて都合のいい社会なんだろうと思います。
by 村野瀬玲奈 (2012-05-06 12:48) 

ayu15

村野瀬玲奈さんありがとうございます。
実際の今の事件は違反が目立つそうですが、
このドラマのパターンはあちこちでありそうな。

みんな被害者で
先日書いた「空の防人」と似ているようにみえます。
(是非どうぞ)

この空気こそ見えない形のない独裁者??
by ayu15 (2012-05-06 21:26) 

ayu15

ランさん
(。・_・。)2kさん

ナイスありがとうございます。

みんな疲れていてピリピリして寛容さを失っていくのをなんとかならないんでしょうか??


by ayu15 (2012-05-06 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0