So-net無料ブログ作成

デモは迷惑?  相手にも優しさを [社会問題]

  life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 -苦悩の狭間-- ☆ 


一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
2012年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21 


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1




 大学では後期も始まりました。就活で苦戦している方もおられるでしょうね。
神社とかに内定祈願とかされたんでしょうか?

 受験生は来春の合格目指して頑張っているでしょうけど合格祈願する人も少なくないかも?

 秋の観光シーズンですが恋愛祈願に行く人もいますよね。

うちもなんらかのお願いに行きましたよ。[わーい(嬉しい顔)]



  そんな信仰の問題です。
愛国心・信仰が絡む激しいデモが起きています。
デモは迷惑か?を以前考えたんですがこれはなんか違うような・・・?


もし自分の信じる信仰が「馬鹿にされてる」と感じたら???



http://jp.reuters.com/news/pictures/rpSlideshows?articleId=JPRTR38NO8#a=1
仏教寺院がイスラム教徒に焼き討ちにあった事件です。


 別記事では直接の原因は仏教徒がネット上にイスラム教を侮辱する(と主観的に感じた)ものを載せたからだそうです。
当人は「身に覚えがない」と否定しています。


 世の中「右傾化」と言われます。なんかよくわからない言い方ですねえ・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


  焼き討ちした人は宗教右翼にしか見えないんですが・・・。
うまく説明できませんがなんかおかしくないですか??




 ついこの前まで連日のように反米デモが報道されていました。
直接の原因は
アメリカで制作された映画の要約版がネットで出回りました。それを見たあるイスラム教の人たちが「侮辱だ」と感じて(その人の主観)それを騒ぎ出してひろまり多くの人がそれに賛同して抗議活動になったらしいいです。

 抗議だけでなく、一部が暴行殺人破壊など犯罪行為を正しい報復とする運動になったそうです。

なんかこれもおかしくないですか?



 今、沈静化方向らしいですが中国で激しい反日デモが起きてますね。
何億円も現地に出店する企業は損害受けています。身の危険を感じる人も少なくないかも??

なんかおかしいわ・・・。



以前嫌韓運動で韓流ドラマなどに抗議がありましたよね。
暴動などはする範囲なさそうで韓国籍の方がその運動で危ないというのは幸い聞きませんでした。
程度は軽いけどなんか同じような匂いがするんですが・・・。



 で問題のアメリカ映画の話に行きます。
読売9月14日7面

記事によると本編は約2時間でカルフォルニアで制作されました。ハリウッドの寂れた劇場で単館上映されました。
{つまり宣伝もあまりなくごく一部の人がみただけで大多数のアメリカの人は騒ぎになるまでその存在も知らなかった??}


 作品鑑賞した人は
「演技がひどいという点だけが目立ったが反イスラム的ではなかった」とコメントしています。

ところが動画投稿された要約版は
侮辱的表現がみられるそうです。
音声がところどころ重なり、口の動きと音声が異なっているそうです。
出演者は「セリフが勝手に吹き替えられている」と証言しています。

こういうのがあったんですが
これが問題の????? http://www.youtube.com/watch?v=qmodVun16Q4





つまり仏教寺院焼き討ちも
アメリカ人殺害も
根拠のあやふやな情報を元に
正義の名でおこなわれたということ???

こわ~~~~[がく~(落胆した顔)]


その不確かなものに裁判もなしに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120923-00000012-jij-int
侮辱映画制作者殺害に賞金10万ドル=アルカイダも参加を―パキスタン鉄道相


 原因となったのはネットにでた短編映画だそうです。
これが「侮辱だ!」と怒り買ったそうです。
侮辱は良くないですよね。でも何が侮辱なのか認識は食い違うような?
その報復だそうですが・・。



 ある学者はこれはきっかけで
本当はアメリカへの怒りがたまっているからだろうということですが・・。
{それでもひどい気がするんですが・・。 }


エジプトでは前政権支持者が助けてくれなかったアメリカ恨んでいて暴動とも言われます。
でも支持したら今度は政権に反対する方から恨まれますよね??

政治って大変なんですね。



うわさでは
エジプトで迫害や虐殺されているコプト教の信者がかかわっているとも。


だとすると
原因は迫害虐殺するイスラム教徒ということに。 [あせあせ(飛び散る汗)]

アフリカではキリスト教徒迫害が起きていて身の危険感じる人たちがいるそうです。

今、内戦のシリアでもキリスト教徒は宗教右翼のイスラム教政権に変わるのを恐れているそうです。

遡ればどこまでいくんでしょう??
昔パレスチナでユダヤ教徒もイスラム教徒も共存してたのにユダヤ教徒が追われたところまでのぼるんでしょうか?

暴動なくても
エジプトのコプト教徒は多数派のイスラム教徒に迫害され危険だそうです。
マリでもキリスト教徒が身の危険が起きているそうです。
シリアでも世俗大統領からイスラム主義にかわると迫害されると怯えるキリスト教徒がいるそうです。


他方アメリカで「コーラン燃やそう」??という人が。
イスラム圏みたいな殺害はしなくてもイスラム教徒への差別はおきたそうです。
9・11直後肩身の狭い思いをされた在米イスラム教の人もいたそうです。彼らはテロを支持したわけでもないのに・・。程度は軽いけど方向性は暴徒のイスラムのある国と似てますねえ。


またイスラム教徒同士
キリスト教徒同士で
教義などを武器に攻撃的になったりしています。世に言う宗教右翼もそういう方向なんでしょうね。





 程度はずっと軽い??ですが日本でも事件が起きると
容疑者を「殺せ殺せ」の合唱する人達がいます。
容疑者側の視点も触れると同罪として攻撃してきます。
{炎上ブログも見ました。ブログ主は冷静に両方見てその人なりの分析をかいていて決して殺人を肯定したわけでないです}
なかには弁護団に殺害予告書き込む人もいました。

程度こそちがえどもイスラムや中国の暴徒と思考は似てるように見えるんですが・・。


 ある人がいうにはキリスト教もイスラム教もほんとうはこういう宗教じゃないと言ってます。
でも現実宗教は人を非難する武器になってます。とても悲しいことです。
 あるイスラムの専門家はこの暴動はイスラムの教えを理解していないと双方を批判していました。


 宗教(信仰)を大事にするのはいいことかもしれません。でもそれが「右翼化」 (例えばクリスチャンライト・イスラム原理主義など)してしまい 他者を攻撃するようになると怖いです。


 この人たち全体主義的?なようですね。
侮辱的映画に怒りの感情感じるのはもっともでしょう。
世界的に価値のある仏像破壊に怒り感じるのはもっともでしょう。
自国領と信じて疑わないのに他国が占領は不満でしょう。

その怒りがどうなるかは気になります。
映画を作ったのは一個人で表現の自由もあり厳しい検閲はできません。
それも派手に商業ベースでの公開でなく大多数は知らないんです。
それをアメリカ全体に命で償わせていいんでしょうか???!!!
それも裁判もなしに!!!!!!

 


 ここでよ~~~く考えて欲しいです。
もしあなたが何らかの宗教に所属してるとします。
別の信徒が他宗教の信徒を怒らせてしまいました。他宗教の信徒は怒りをあなたに向けました。
愛国心ならぬ愛宗教心??であなたが報復を受けますか???

うちは絶対嫌ですよ。
もし家族友人に危害があれば恨みませんか??
こうして憎しみの連鎖はどんどん起きていきませんか??


 もしあなたの所属する宗教があなたが「侮辱された」と感じたらどうしますか??

アメリカのある牧師みたいに相手の宗教の書物を公開で焼いたりとか報復しますか??襲撃しますか?


人はだれしも怒りの感情を持っています。この事件に限らず怒りに満ち溢れることなくコントロールできるようになれるんでしょうか? ( 怒りの感情http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-10-06




教義・道徳・規律など使う言葉は違えども異なる他者
特に少数派に危害加えることがなくなっていくことはゆめ物語なんでしょうか?


 愛国心・信仰心は間違えると武器になってしまうのかもしれません。
愛国心・信仰心が足りないと批判の声が強い社会は怖そう[あせあせ(飛び散る汗)]
 特に少数の人・弱者?には怖いことに・・。


宗教は人に救いをあたえるものでありたいものです。





迷惑てなあに? 車道編http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-09-11

迷惑てなあに?  権利と義務を考えるhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-09-07





恩讐の彼方に・ある抗議書・火の鳥 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-27

怒りの感情http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-10-06

憎しみの連鎖 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-08-15-1

区別付かないhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-13

バレンタイン http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-15
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 4

shira

 TBありがとうございました。
 とどのつまり、他者を受け入れようという姿勢がゼロだと、相手に屈服を求めるか排除するか、あるいはその逆(自分たちが屈服するか排除されるか)しかないわけです。屈服と排除を主張する人は、自分達が負けたら屈服するか排除されることにOKしていることになるのですけど、そういうことには無頓着ですね。
by shira (2012-10-04 22:24) 

ayu15

shiraさんコメントとナイスありがとうございます。
そういえばある「右」(全体主義?)の政治家は
「オール オア ナッシング」なんて言ってたそうです。
by ayu15 (2012-10-18 23:38) 

ラン

宗教がからんだ争いは根深い問題がありますね・・・
イスラムもある一部の過激派のイメージで、イスラムのすべてが危ない宗教と思われることが悲しく感じます。
それによって、イスラム教徒の何の罪もない方々が迫害を受けたり攻撃されたりってことが起きてますしね。
本当に、信仰心は一歩間違えると武器になりますね。
by ラン (2012-10-19 01:27) 

ayu15

ランさんありがとうございます。

ほんとそうですね。
以前に日記に書きましたが過激なイスラム教への怒りが、そういうのを「いけないよ」というイスラム教徒にまでむけられるのは悲しいです。

宗教も「道徳」も「愛国心」も全体主義??右翼化???して間違えると恐ろしい武器に・・。

でもその反面信仰で救われたりするし、国は社会保障や環境に取り組んでくれたりも。

ほんと人の存在否定(特に立場の脆弱な人に)するのはなしの方向でお願いしたいです。
by ayu15 (2012-10-19 09:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0