So-net無料ブログ作成

密約を報道したら逮捕だって!! [法律・制度]

 
大切な家族にあんな思いはさせたくない   新聞読み比べhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-11-11

歴史は繰り返す http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-11-17

パンツがスケスケ丸見えどころじゃないわ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-06-28

もう二度とあんな思いは・・・ 沖縄の危惧http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-11-15

長時間かけたものです。読んでいただけると嬉しいです。

あなたや家族友人の人生が変わるかも?他人ごとではないかも?





 仮称、秘密隠ぺい法・国民監視法(通称平成治安維持法)が国会で議論されているらしいです。
なんか「政治なんて・・」なんて言ってられないみたいですよ。生活や人生そのものに大きい影響あたえる可能性があるらしいので。



 推進する某党は大日本帝国時代の伝統重視です。

例の婚外子裁判で違憲判決出たんですが
「明治以来の伝統壊す!」という理由で猛反対してるそうです。
彼らの伝統は戦後自由民主主義や江戸・室町・平安はなくあくまで大日本帝国なんですねえ。[あせあせ(飛び散る汗)]
憲法改正案も帝国憲法に近づけてるそうですし・・・。




 記事より抜粋

 国家機関の権力行使に枠をはめることによって、権力の濫用から国民を守るという伝統的な立憲主義の考え方に立脚して憲法は作られています。

究極の目的は国民の権利、利益を守ることにあるのです。


 言いたいことを言う自由、好きな歌を歌う自由など、表現したいことを表現する自由(表現の自由)が憲法で保障されていますが、憲法がそれを権利として保障するということは、国が国民のそれらの表現行為を阻止したり、妨害したりしてはいけない、国民が政府を批判したからといって政府から不利益なことを強いられないということを意味します。
憲法は思想の自由や信教の自由などさまざまな自由を権利として保障していますが、国民主権の憲法においては、それらの自由権を侵害しないことを国民が国に約束させているということができます。

生存権などの社会権の保障は、それらの権利の実現する責務を国に課しているという側面を持っています。
以上
http://mainichi.jp/sp/tokaism/opinion/con27_1.html

 某党改憲案は自由民主の名が泣くものですねえ。 

 こういう記事がありました。


☆毎日新聞 10月22日(火)23時20分配信<秘密保護法案>森担当相「処罰対象は西山事件に匹敵」

記事によると

以下記事より
特定秘密保護法案の国会審議を担当する森雅子少子化担当相は22日の記者会見で、沖縄返還に伴う密約を報じて記者が逮捕された西山事件は同法の処罰対象になるとの認識を示した。
以上

西山事件は沖縄返還に伴う密約を報じて記者が逮捕された事件です。




西山さんによると、
:「四十数年国家機密情報漏えい一件もない」そうです。
民主党政権時代に提出された情報公開法改正案が廃案になった一方で、秘密保護の動きが強まっていることに関し「真実が明らかにされず、民主主義が空洞化してしまう」そうです。
http://mainichi.jp/select/news/20131011k0000m040068000c.html


 ☆毎日新聞 2013年10月21日 社説:「特定秘密保護 この法案には反対だ」

 記事より
日本と米国の軍事的協力関係が深まり、機密の共有化が進む。サイバー空間での情報戦が国際的に激しくなる中、情報を安全に管理することが信頼関係を保つためには欠かせない。それは責任ある国家の姿勢として当然のことだ。
以上

 なぜか推進する人たちは(某党某メディア・某世論などはここばかり強調してます。
記事にあるようにここを否定しているわけじゃないんです。問題点・争点をごまかす推進する某政治家某メディアは困ったものです。

 記事より
だが、市民活動を通じ、情報を取得しようとする側も処罰の対象だ。公務員だけでなく、広く国民が刑事罰に問われかねない立法 。
 特定秘密保護法案が成立すれば、外務省が所有する外交文書、あるいは警察情報などが新たに次々と指定される。国民には何が特定秘密か分からない。5年ごとに更新可能だ。30年目に内閣の承認があればさらに延長でき、歯止めにならない。
以上


 既存法はというと、防衛秘密については、米同時多発テロ事件後の2001年10月、自衛隊法が改正され、法的な手当てが既にされている。防衛省の職員などが指定された防衛秘密を漏らせば、5年以下の懲役が科せられる。
以上
 


 あなたが突然逮捕され屈辱受けてしかもなにが悪いのかもろくに伝えられないかも?(なにせ秘密ですから)あなたを危険(人権上・生活上・人格上)にさらすかもしれない法案ですよ。


 あなたを危険にさらす法案は大問題です。[どんっ(衝撃)]



 与党内の事前調整で国民の「知る権利」や「取材の自由」との文言は盛り込まれたそうですが・・

国民の「知る権利」や「取材の自由」は本来あるはずで侵してはならない大事なものです。政治取引で認めるようなものじゃないです。






 なんかさぁ~この人達(推進する某党など)、根本的にまちがってますよねえ~。 [パンチ]










 とある外国人との会話


「ヘイ、この改憲案は何だい、基本的人権の制限、集会や表現の自由の規制とは、日本は共産党が政権を握ったのか?」

「それは○○党のだよ」

<国民の自由を縛る改憲に反対です>と選挙カーが通り過ぎた。

「オー、日本にも自由と民主主義を守る政党がいるじゃないか」

「あれは○○党だよ」








別の 記事より
明治憲法が保障した臣民の権利には、残念ながらすべて「法律の範囲内」とか「安寧秩序を妨げずおよび臣民たるの義務に背かざる限りにおいて」などという条件が付けられていた。




政府は特高警察(特別高等警察の略称)と思想検事を設け、共産党員や社会主義者を徹底的に弾圧した。

「国体の変革することを目的とする結社を組織する(その未遂も罰せられる)」などという構成要件では、政府にとって都合の悪い奴は誰でもとっ捕まえることができた。

 現に最初は共産党員や社会主義者がターゲットにされたが、後には労働組合・農民組合の活動家や自由主義者や文化人・宗教者など体制に批判的な多くの人々が逮捕・拘禁・処罰された。

 政府の発表によれば、治安維持法違反で送検された者75,681人・起訴された者5,162人であるが、一連の治安法規も含めた逮捕者は数十万人、拷問や虐待により虐殺・獄死した者は数千人と推定されている。
以上





ドイツ政府発行冊子・HPより

マルティン・ニーメラー牧師の言葉です。
-------------------------
ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られた
が、自分は共産主義者でなかったので何の行動も起こさなかった。
その次、ナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが自分は社会主義者ではないので何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生・新聞人・ユダヤ人と、順次弾圧の輪を広げていき、そのたびに私の不安は増大した。が、それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。 だから行動に立ち上がった。 が、
その時はすべてがあまりにも遅かった。


 ユダヤ人市民権剥奪
1942年 ユダヤ人絶滅決議
同性愛・障害者とか殺害

抵抗運動
初期・ 社会民主主義・共産主義・教会関係・少数軍人の抵抗
中期  保守派・軍人に抵抗勢力

ことごとく捕らえられました。

ナチスの理念の一つ「民族共同体」
社会的同質性・連帯を強調しました。




国民を守るのが憲法 http://mainichi.jp/sp/tokaism/

特定秘密保護法案:「知る権利」明記見送り 政府、自民に原案
毎日新聞 2013年09月27日http://mainichi.jp/select/news/20130927ddm001010060000c.html

特定秘密保護法案:パブコメ9万件、77%が法案反対
毎日新聞 2013年09月28日http://mainichi.jp/select/news/20130928ddm012010044000c.html


「秘密保全法」って何? それはヒ・ミ・ツです。http://tukui.blog55.fc2.com/blog-entry-917.html


ねじれてるわ   党名交換編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-10-15

国民の秘密・国の秘密 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-10-07

守るものは?  「秘密保全法」編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-09-19
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

SORI

ayu15さん おはようございます。
本来、国民のためにある政府ですが、時により、人により、本来の道から外れることもあるのですね。
by SORI (2013-10-24 08:11) 

ayu15

そうですね。

国民のためにある政府が国民主権だそうです。

主権者が政府(国会)が暴走しないように歯止めかけるのが憲法だそうです。


でも外れた政府にはそれが邪魔なんでしょうねえ。
by ayu15 (2013-10-25 08:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。