So-net無料ブログ作成

ひとりのからだで

本の紹介です。

「ひとりのからだで」 ジョン・アーヴィング著

登場人物多く、大きく過去や未来に飛ぶので読みにくいかもしれませんけど・・・。

角田さんの書評があります。
60年代から現代の性的少数者と社会を丁寧に描いているそうです。

でもテーマはもっと大きいものだそうです。

性的だけでなく、言語宗教文化習慣なんであれ、異なる他者を認めて受け入れる寛容さはなにかだそうです。

こぶし上げることなくユーモアを駆使して不寛容と闘う作みたいです。



2013年読売
12月15日15面

新潮社 2000円 in one person  John Irving
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 1

ayu15

みなさまナイスありがとうございます。機会あればぜひどうぞ。
by ayu15 (2014-02-22 21:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。